法人概要

運営

「えだ福祉ホーム運営委員会」が運営を行っています。
運営委員会は、障害者や家族、地域の方々、行政関係者で組織された自主運営の組織です。

沿革

        

1988年3月(S63) 「地域作業所わかば」を池辺町に開所する。
1992年5月 (H4) 地域作業所「わかば」親の会でグループホームの勉強会を開始する。
1992年6月 荏田在宅支援センター(現荏田地域ケアプラザ)内に併設された障害者地域活動ホーム「えだ福祉ホーム」へ
「地域作業所わかば」は、「地域作業所かえで」、「地域訓練会さくらんぼ」と共に移転し活動を開始する。
1994年4月 (H6) グループホーム設立準備委員会「グルッペ」を設立する。
1995年4月 (H7) 横浜市助成事業による「A型グループホームぽけっと」(ぽけっと運営委員会)が都筑区見花山に開所し、「地域作業所わかば」の通所者5名が入居する。
2000年4月 (H12) 「地域作業所キッチンわかば」を青葉区荏田町宮田ビル内に開所する。
2002年4月 (H14) 機能強化型活動ホームの発足にあたり、障害者地域活動ホーム「えだ福祉ホーム」を廃し、地域作業所わかばの運営委員会が引き継ぐこととなり、名称を「えだ福祉ホーム」とした。
この際、新たにデイサービス事業と生活支援事業を制度として加えた。
「地域作業所キッチンわかば」は、機能強化型活動ホーム「えだ福祉ホーム」のブランチとして活動することとなった。
2003年4月 (H15) 支援費制度(利用者が利用したいサービスを選択し事業者と契約する)が導入される。
2007年2月 (H19) 障害者自立支援法の施行にあたり新たにNPO法人を取得し、「NPO法人えだ福祉ホーム」として従来のデイサービス事業、生活支援事業は、障害者自立支援法の日中活動事業として運営することとなり、また、「地域作業所キッチンわかば」は、従来からの横浜市の地域作業所事業として運営を継続する。
2009年10月 (H21) 「NPO法人えだ福祉ホーム」家族会の有志により「グループホーム検討会」を発足させる。
2010年4月 (H22) 自立支援法の生活介護事業に移行する。
2012年1月 (H24) 横浜市助成事業による「A型グループホームすぷーん」(ぽけっと運営委員会)が都筑区勝田町に開所され、「NPO法人えだ福祉ホーム」の利用者5名が入居する。
2014年6月 (H26) 「NPO法人えだ福祉ホーム」の傘下に「ぽけっと運営委員会」が入り「ぽけっと」と「すぷーん」は、「NPO法人えだ福祉ホーム」のグループホームとして、A型(横浜市の事業)からB型(障害者総合支援法下の事業)へ移行する。
2015年4月 (H27) 「地域作業所キッチンわかば」の作業スペースの拡張と事業を障害者総合支援法の就労継続支援B型へ移行する。

主な活動内容

【デイサービス事業】
・5つの作業班に分かれ、革製品やお菓子などを製作。
・プールやストレッチ、マッサージなどの毎日のプログラム。
・キミコ方式絵画等の特別プログラム。
・季節の行事(クリスマスコンサートほか)。
・etc

【生活支援事業】
ご家族に代わって障害児者の、一時的、または夜間の支援を行います。(一時ケア・ショートステイ)

【地域交流事業】
機関紙の発行、夏祭りやバザーなどの各種イベント。

【地域作業所の運営】
キッチンわかばを運営し、お弁当を作ったり、喫茶コーナーで皆さまに軽食を楽しんでもらったりしています。

【地域訓練会への場所の提供】

施設