ホーム

お知らせ

 この度、N P O法人えだ福祉ホーム(以下「当法人」といいます。)の事業所 「キッチンわかば」 の利用者の方が、2019年1月以降、不通所となる事態が発生し、支援のあり方について指摘がありましたので、 当法人の支援の適切性 (支援の適法性は除外されています。) の調査及び再発防止策等の提言を第三者委員に調査依頼しました。

 その結果、 第三者委員の調査において、 当法人に、 ①現場支援員によるケース記録に基づく振り返り支援が不十分であることや、継続性・一貫性ある支援の提供ができていなかったこと、②養護者や支援者への情報提供が不足していたこと、③サービス管理責任者が期待される本来の役割を果たしていないこと、④設置者・管理者の、 利用者・養護者・相談支援専門員への対応及び従業者に対するフォローが限定的・表面的であったこと等、 福祉支援上不適切であったと指摘されましたので、ご報告します。

 当法人としては、このような調査結果となったことを重大に受け止め、指摘された福祉支援上不適切な行為について謹んで謝罪をしますとともに、今後、第三者委員による調査結果を尊重し、具体的な再発防止策・改善策を策定したうえで、これを実施することを、ここにお約束いたします。

以上

NPO法人えだ福祉ホーム 理事長 内野 郁夫

関連団体